【米国株】エクソン・モービル(Exxon Mobil:XOM)の銘柄分析【高配当】

いつもシェアありがとうございます。シェアボタンはこちらです。

今回はエクソン・モービル(Exxon Mobil:XOM)のファンダメンタル、チャート分析をやっていきたいと思います。

シーゲル先生の赤本にも出てきてた通り、昔からオイルショックのリスクやら縮小産業やらさんざん言われていましたが、結果的にはそうした低い期待値に反して一定水準の利益を出し続けたことから、多くの銘柄よりも収益率が高くなりました。

エネルギーセクターは生活必需品、ヘルスケアセクターと並んで収益率の高いセクターになっており、代表格のエクソン・モービルは当然注目されるべき銘柄です。

そうそう、実は原油についてはETFの個別記事で結構詳しく解説しているので、合わせて読んでもらえると嬉しいです。

【ETF】コモディティ(原油)への投資【日本株、米国株】
今回はコモディティの中で原油を扱います。コモディティの説明等は前回の記事をどうぞ。 投資対象としての原油の特徴 原油と石油の違い...
スポンサーリンク

エクソン・モービル(XOM)の事業内容

ビジネスを3Cで分解してみましょう。

事業内訳

前提知識:石油メジャーについて

エクソン・モービルは石油メジャー最大手、スーパーメジャーの1社ですが……そのあたりの背景知識をごく簡単に説明します。ここを省略するとエクソン・モービルの立ち位置を見誤るので。

本もたくさん出ているので読んでみることをおすすめします。特に下の石油の帝国はエクソン・モービルを主題としたノンフィクションなのでおすすめ。エクソン・モービルの交渉力(採掘権獲得)がいかに強いかも分かります。

石油メジャーというのは何かというと、

国際石油資本(こくさいせきゆしほん)または石油メジャーとは、資本力と政治力で石油の探鉱(採掘)、生産、輸送、精製、販売までの全段階を垂直統合で行い、シェアの大部分を寡占する石油系巨大企業複合体の総称。

出典:Wikipedia

石油事業について、所謂「川上(上流)」と呼ばれる原油の探鉱・開発・採掘から、「川下(下流)」と呼ばれる石油の精製・販売までを一手に引き受ける垂直統合型のビジネスモデルを有する企業のことですね(逆に採掘や精製のみをする企業を独立系石油企業というそうです)。

石油ビジネスと言っても別に難しく考える必要はなく、油田の開発権を取得した企業が油田の調査・探鉱を行って、採算が取れるのであれば開発に着手します。採掘された原油は製油所に輸送され、精製されて石油製品(ガソリン、灯油など)として販売されます。当然ながら、川上の方が利益率が高くなりますが、油田開発には莫大な投資が必要なのでリスクも大きくなります。

特に巨大な石油メジャー7社はセブンシスターズと呼ばれ、1900年から長らく世界の石油市場を独占し、コントロールしてきました。

一方で、もう一つ石油ビジネスの主要プレイヤーがいますよね。中東=産油国と、彼らが中心となって結成された「OPEC」です。今や世界の石油市場のうち4割を抑えるOPECは、1950年以降の資源ナショナリズムを背景に台頭し、産油権限の国有化などによって石油メジャーを締め出しました。

その後のオイルショックやアジア危機による乱高下によって経営が悪化した石油メジャーは統廃合を進め、今や6社に集約されてしまいました(スーパーメジャー)。

  • エクソン・モービル(XOM)
  • シェブロン(CVX)
  • ロイヤル・ダッチ・シェル(RDS-A)
  • ブリティッシュ・ペトロリウム(BP)
  • トタル(TOT)
  • コノコフィリップス(COP)

現在、石油のシェアではOPECの40%に対して石油メジャーが10%程度と圧倒しています。また、保有油田における埋蔵量で比べると、70%:3%と更に圧倒的な差があるため、価格決定権はOPECに移ってしまい、不安定な中東情勢の影響を大きく受けるようになりました。近年はOPEC側でサウジアラムコをはじめとした石油メジャー化が進んでおり、上流から下流まで競合するようになっています。

さらに加えて、2008年頃から米国でシェールガス革命が起こりました。これは従来のガス田ではない場所から生産される天然ガスです。シェールガスの事業者は主に米国の中小企業なので、石油メジャーともOPECとも違う第三勢力になります。OPECが意図的に石油を過剰供給し、損益分岐点の高いシェールガスを潰そうとしたことは記憶に新しいですね。

今も昔も、エネルギーというのは産業の血液と言われます。かつてからの事業形態を維持する石油メジャー、政治力に振り回すOPEC、新興企業のシェールガスという勢力がぶつかり合っているというのが現状だと捉えましょう。

エクソン・モービルの決算書から

じゃあエクソン・モービルの決算書に移りましょう。プレゼンの図が分かれていて見にくいので、少し古いのですが15年のアニュアルレポートから。

(出典:エクソン・モービル IR)

エクソン・モービルの決算仕分けは以下の4つです。

  • Upstream:川上のことです(原油の探鉱・開発・採掘)。エクソン・モービルの利益の大半を占めておりますが、直近は原油価格低迷により収益を落とし、かつ油田の評価損を計上しています。
  • Downstream:川下のことです(石油の精製・販売)。大きな数字には見えませんが、競合比較だとこれでもかなり高いほうです(アニュアルレポートを見ると)。
  • Chemical:化学部門。石油化学製品中心ですね。
  • Corporate and Financing:ファイナンスです。

石油メジャーは定義上、みんな川上と川下を持っているのですが、基本的に稼ぎ頭は川上のほうです。見ての通りエクソン・モービルは7割川上、2割川下という感じですが、例えばシェブロンだと9割が川上になります。

川上は原油高で儲かり(販社に高く売れるから)、川下は原油安で儲かる(安く原油が仕入れられれば差益が大きくなるから)構造です。川下は川上のリスクヘッジなんですね。

このところは原油安もあり9期連続減益、前年比で40%の利益減少です。

エクソン・モービルの経営

OPECの石油減産合意以降、シェブロンなどの競合と比べて戻りが遅いと言われるエクソン・モービルですが、この会社の経営は非常に「保守的」と言われています。それは川下比率が高いことでも分かると思います。原油安の状況でエクソン・モービルは無理な投資をせず、リスクを取らない立ち回りをしています。

また、石油メジャーの事業安全性を測る指標について理解しましょう。確認埋蔵量(proved replacement ratio)です。これは新たに手に入れた油田と採掘した油田の比率で、100%を超える=消費するより多くの油田を手に入れたと言えます。

エクソン・モービルは過去20年以上ずっと100%を超えており、これは他社と比較して傑出しています(15年は100%を切ってしまいましたが)。

(出典:エクソン・モービル IR)

あとは株主還元が他社より積極的であるという点ですね。保守的な財務体質のため現金が多く、還元する余剰があるということです。15年のアニュアルレポートに図がありました。

(出典:エクソン・モービル IR)

還元の背景にあるフリーキャッシュフローも当然大きいです。

(出典:エクソン・モービル IR)

また、油田の半分は北米、3割がカナダ、残りその他です。

競合

大局から見た競合としては以下のようになりますが、それぞれなんとなく説明したと思います。同じ石油メジャーと比較してエクソン・モービルが優れているポイントは、直前に記述したとおりです(順番が雑ですみません)。

  • 同業者(シェブロンやBP、ロイヤル・ダッチ・シェルなど)
  • OPEC、中東国
  • シェールガス
  • エネルギー(石炭や天然ガス)
  • 代替エネルギー(太陽光、風力など)

エネルギーはシーゲル銘柄(セクター)でもありますので、いくつかチェックしたいなと思っています。それぞれ記事を見て比較してもらえればと思います。

チャートではエクソン・モービルよりもシェブロンのほうが株価好調です。

(出典:Yahoo!ファイナンス)

市場

市場というかオイル価格では以前記事を書いたとおりです。

【ETF】コモディティ(原油)への投資【日本株、米国株】
今回はコモディティの中で原油を扱います。コモディティの説明等は前回の記事をどうぞ。 投資対象としての原油の特徴 原油と石油の違い...

近年は中東国のシェールガス潰しもあって価格が落ちましたが、一時よりは持ち直してきています。将来的な代替エネルギーの台頭はあるものの、当面は新興国での需要が継続するものと見られています。

(出典:JOGMEC)

エクソン・モービルの決算だと2040年まで年0.7%の成長率だそうですね。あまり高くない成長率です。

(出典:エクソン・モービル IR)

リスク要素

リスクは多いんですよ、昔からですけどね。ただ、一時的なリスクの表面化はむしろ絶好の買い場になるものですので、見極めが大切です。

石油価格の変動

これは言うまでもなく。

エクソン・モービルも現在米国内にあるロッキー山脈地方などの油田評価損で大きく株価を落としています。これは昨今の原油価格下落低迷が原因です。

ただ、長期的な石油価格はどちらかと言うとむしろ上がっており、一時的なニュースでの下落は買いのチャンスですよ。

(出典:楽天証券)

天然ガス、石炭など

今競合している化石エネルギーですが、それぞれに特徴があります。

石炭は世界中で取れることから安定供給が可能なこと、安価であることが強みです。天然ガスは化石エネルギーの中で環境優位性が高く、市場成長率が一番高いです。

(出典:JOGMEC)

参考石炭と天然ガス市場の 動向等について

とはいえ、そもそもこうしたエネルギーの原料は工業加工(原油から石油に精製するような)が必要なので、設備投資が大きくなりスイッチングコストが発生します。化石エネルギーの中でシェアを食い合うよりも他が掻っ攫っていくほうが現実味があるかと思います。

ちなみに、シェールガス革命によってシェールガスも普及が進むとは言われていますが、そもそもシェールガス層はアメリカとカナダにあるので、今後成長したとして全体のシェアは10%にも満たない程度と予想されています。

原油枯渇

原油枯渇の可能性が低いことは以前の記事で見ています。

【ETF】コモディティ(原油)への投資【日本株、米国株】
今回はコモディティの中で原油を扱います。コモディティの説明等は前回の記事をどうぞ。 投資対象としての原油の特徴 原油と石油の違い...

代替エネルギー

持続可能な発展に向けて代替が進む次世代エネルギー。太陽光発電など、技術進展によって効率化が進んだものもありますね。今のところ石油市場を脅かすような規模ではありませんが、何かのきっかけで主要エネルギーとしての地位がリプレイスされる可能性があり、潜在的な脅威として一番大きいのは代替エネルギーだと思います。

エクソン・モービルを含む石油メジャーは総合エネルギー会社(商社的な立ち位置)へと変わろうとしています。その意味で、やがて代替エネルギーを事業ポートフォリオに加えるんじゃないでしょうか。

DVDの郵便レンタルでトップだったネットフリックスが自社の市場を食うようなオンラインストリーミング配信事業へと見事に転換した例のように、市場を見極めつつ「総合エネルギー企業」として事業ポートフォリオ戦略を考えてほしいですね。

【米国株】ネットフリックス(Netflix:NFLX)の銘柄分析
今回はネットフリックス(Netflix)のファンダメンタル、チャート分析をやっていきたいと思います。 動画配信サービスの会社ですね。 ...

サウジアラムコの上場、中東の政情不安

様々なエネルギーが出てきた現在、今後OPECは数あるライバルの一つになるとは思うのですが、17年にも上場されると言われるサウジアラムコは時価総額で世界一となる見込みで、大きなイベントになります。

サウジアラムコが脅威なのは、上でも書いた通りOPECが川上から川下へと進出して全面的な競合になりそうだからです。

同時に、中東の政情不安やOPEC側の政治的な動きもマイナス材料です。エクソン・モービルが15年に大きく採算を悪化させた原因は、結局原油安によるものですからね。

まあ、17年の地政学リスクは中東よりもアメリカトランプというのが皮肉なところではありますがw

参考2017年の地政学リスクと投資

エコ社会(持続可能な発展)の浸透

90年代くらいまでの大量生産大量消費時代から、シェアリングだのミニマリストだの(日本だけ?w)流行りだしています。

日本の場合は可処分所得の減少というやむにやまれぬ事情がありますが、世界的にもエコ社会が浸透してきているのは間違いありません。

社会構造の変化というのは不可逆的かつビジネスモデルそのものに打撃を与えることが多く、徐々に浸透するため出口戦略が取りにくいきらいがあります。

エクソン・モービル(XOM)の財務分析

PL

逆風激しい状況を反映したPLで、売上も利益もEPSも完全に細っています。稼ぐ力が落ちたというより原油安を反映しての売上半減なので、一時的な決算だと思っています。

利益率、効率性指標も一桁台前半という米国の市場平均を遥かに下回る結果に。通常の銘柄であればこれが一時的なのか、恒常的なのかを考えないといけません。

BS

油田があるので固定資産が大きくなるのはしかたありません。しかし、案外借金は小さく、自己資本比率はずっと50%で横ばいです。財務体質は堅牢であることが分かると思います。

CF

キャッシュフローは安定していません。フリーキャッシュフローはゼロに近づいており、投資を抑えてプラスを維持している状況ですね。原油価格が落ち着いたらキャッシュフローも改善され、川上への投資を再開すると思います。

株主還元指標

こうした状況ですが、連続増配は継続させています。実に34年の長期連続増配ですね。総還元性向は100%近いですが、配当性向は元々が低いので、(直近は悪くなっているものの)まだ余力がありそうです。

直近配当利回り:3.6%くらい

エクソン・モービル(XOM)のチャート分析

とりあえずリアルタイムチャートのリンク置いておきます。

エクソン・モービル(XOM)-Yahoo!ファイナンス

過去の最高値、最安値

向こう20年として見れば、以下になります。

  • 最高値:104ドル(14年8月)
  • 最安値:25ドル(97年)

ですが、今は過去10年の最高値、最安値のちょうど中心にいます。55ドル~105ドルの広い50ドルの範囲を見ておけばいいんじゃないでしょうか。

今後の値動き予測

5年チャート

さっきの考察とほぼ一緒です。10年代は70ドル~100ドルで推移してきました。一貫した動きはなく、より小さな80~95ドルのレンジに出来高が集中していますので、ここを突破するタイミングで勢いついて加速します。

1年チャート

損益悪化によりやや下落基調のチャートになります。今の80を割ったら70を目指してくれるのですが、結構何度も買いが入っていますし、増配銘柄としても手堅いので抵抗は強そうです。80ドルの買いポイントは悪い位置ではないですよね。

1か月チャート

ただ80ドルに下落のパワー溜まってきてますね。落ちるかなあ。まあ落ちたら追加購入くらいの思考停止でいいんですけども。

エクソン・モービル(XOM)の投資戦略

まとめましょう。

  • 原油安影響を受けて、エクソン・モービルは直近決算で大きく落ち込んでいる。川上の利益減が40%と非常に大きい。
  • 競合と比較しても株主還元意識が強く、今後も連続増配は見込める(現時点で34年)
  • エネルギー特有のリスクは多いが、一時的なものについては買い場にもなる。
  • チャートは難しい場面だが、80ドル水準はレンジ下限で悪いところではない。

回答

私はPERやらの指標をあんまり見ないタイプなので(せいぜい異常値でないことのチェックくらい)、長期保有銘柄としてエクソン・モービルはこの水準ならそろそろ買いスタートでもいいかなと思いました。まあ、やや割高スタートであることは注意ですが。

エネルギーセクターは事業継続性について悲観論も見えますが、調べてみるとまだ当面は大丈夫そうかなと分かります。特に中東国情勢による原油安影響は一時的で、長期保有であればほとんど無視できるものです(以前もどこかの記事に書きましたが、短期保有が価格変動にリスクを置いているのと対照的に、長期保有は事業継続性などの時間的リスクに重点を置いています。無視できるという表現はその意味で使っています)。

エネルギーセクターの過去の収益率はシーゲル先生も保証している通りです。オールドスタイルで過小評価されがちな業界であることが逆に期待収益のハードルを下げて、将来もハードルを軽々越えてくれるのではないかと思います。エクソン・モービルはその中の業界首位であり、リスクヘッジに定評があるので、今後も手堅く生き残り、キャッシュ還元の増配&自社株買いを続けてくれそうに見えました。

こっから上がっても追いかけたいとは思いませんが、下がれば何回か買い増し出来るくらいには安心感ある銘柄ですね。


これまで調査してきた米国株の個別銘柄記事リストをまとめました! 企業名クリックで各詳細記事に飛ぶことが出来ます。

企業名
(リンク先は分析記事)
ティッカー業種区分主力事業、ブランド
アマゾンAMZNITネット小売、クラウド
アルファベット/グーグルGOOGLIT広告(検索)、AI
アップルAAPLITiphone
マイクロソフトMSFTITOS、Office365
フェイスブックFBIT広告(SNS)
IBMIBMITクラウド、AI
インテルINTCIT半導体(PC、サーバ)
クアルコムQCOMIT半導体(モバイル)
エヌビディアNVDAIT半導体(GPU)
オラクルORCLITソフトウェア(DB)
シスコCSCOITネットワーク機器
アリババ・グループBABAITタオバオ、Tmall、アリペイ
ビザV金融決済インフラ
マスターカードMA金融決済インフラ
アメリカン・エキスプレスAXP金融決済インフラ
スタンダード&プアーズSPGI金融格付け機関
ムーディーズMCO金融格付け機関
ウェルズ・ファーゴWFC金融商業銀行
JPモルガン・チェースJPM金融商業銀行、投資銀行
バークシャー・ハサウェイBRK.B金融バークシャー
AT&T T通信モバイル通信
ベライゾン・コミュニケーションズVZ通信モバイル通信
ネットフリックスNFLX通信動画配信サービス
ウォルト・ディズニーDIS通信ディズニー、ESPN
ジョンソン・エンド・ジョンソンJNJヘルスケア医薬品(ステラーラ)、バンドエイド他
メドトロニックMDTヘルスケア医療機器(ペースメーカー他)
アボット・ラボラトリーズABT/ABBVヘルスケア栄養補助食品、医薬品(ヒュミラ他)
ブリストル・マイヤーズ・スクイブBMYヘルスケア医薬品(オプジーボ他)
ファイザーPFEヘルスケア医薬品(プレブナー、リリカ他)
メルクMRKヘルスケア医薬品(キイトルーダ他)
ギリアド・サイエンシズGILDヘルスケア医薬品(ハーボニー他)
CVS ヘルスCVSヘルスケア薬局、PBM
ユナイテッド・ヘルスUNHヘルスケア医療保険、PBM
P&GPG生活必需品ビューティー(パンテーン、SK-II)他
ユニリーバUL生活必需品パーソナルケア(Dove、LUX)
コルゲート・パーモリーブCL生活必需品オーラルケア(歯磨き)
コカ・コーラKO生活必需品コカ・コーラ
ペプシコPEP生活必需品ペプシ・コーラ
ゼネラル・ミルズGIS生活必需品ハーゲンダッツ
クラフト・ハインツKHC生活必需品チーズ、ケチャップ
ホーメルフーズHRL生活必需品SPAM
マクドナルドMCD生活必需品マクドナルド
スターバックスSBUX生活必需品スターバックス(スタバ)
ウォルマート・ストアーズWMT生活必需品大型店舗小売
コストコ・ホールセールCOST生活必需品会員制小売
ホーム・デポHD生活必需品DIY小売
フィリップ・モリスPM生活必需品たばこ(マルボロ)
アルトリア・グループMO生活必需品たばこ(マルボロ)
レイノルズ・アメリカンRAI/BTI生活必需品たばこ
アンハイザー・ブッシュ・インベブBUD生活必需品バドワイザー
ナイキNKE生活必需品スニーカー(ナイキ・エア)
ギャップGPS生活必需品GAP、オールドネイビー
エクソン・モービルXOMエネルギー石油メジャー
シェブロンCVXエネルギー石油メジャー
ロイヤル・ダッチ・シェルRDS.Bエネルギー石油メジャー
ボーイングBA資本財B787ドリームライナー
ロッキード・マーティンLMT資本財ステルス戦闘機F-35
ユナイテッド・テクノロジーズUTX資本財航空機エンジン、エレベーター
キャタピラーCAT資本財建設機械(油圧ショベル他)
ゼネラル・エレクトリックGE資本財照明、航空機エンジン
スリーエムMMM素材ポストイット
デューク・エナジーDUK公共電力、ガス

▲TOP

▲TOP