【米国株】マコーミック(McCormick:MKC)の銘柄分析

いつもシェアありがとうございます。シェアボタンはこちらです。

今回はマコーミック(MKC)のファンダメンタル、チャート分析をやっていきたいと思います。

マコーミックはスパイス世界一の会社ですね。

日本ではエスピー食品が40%、ハウス食品が20%と高シェアを確保していてさほど流通していませんが、世界では圧倒的にマコーミック一強です。

スポンサーリンク

マコーミック(MKC)の事業内容

ビジネスを3Cで分解してみましょう。

(出典:マコーミックIR)

事業内訳

マコーミックの事業は一般消費者向け(Consumer Segment)と事業者向け(Industrial Segment)に分かれています。

売上は消費者向け60%事業者向け40%くらいで、利益は消費者向け75%事業者向け25%でした。

真ん中のやつね。

(出典:マコーミックIR)

コンシューマセグメントの詳細はこちら。為替でマイナスですが、「acquisition(獲得=買収)」による増加が大きく、全体ではプラスです。

(出典:マコーミックIR)

インダストリアルセグメントの詳細はこちら。こちらも為替が大幅マイナスで、全体としてマイナス成長でした。

どちらも価格転嫁はそこそこ出来るのがトップブランドの強みです。

(出典:マコーミックIR)

地域ごとに見ると米国の伸びが大きいようです。地域ごとの利益率が分からなかったのですが、おそらく米国が一番高いのでしょう。

(出典:マコーミックIR)

ちなみに、過去3年間の新製品が売上に寄与した割合は9%でした。

マコーミックはイノベーションが出来ているという文脈で説明していましたが、むしろ90%以上は古くからのブランドが選ばれ続けているとも言えます。

(出典:マコーミックIR)

スパイス&ハーブ、シーズニングとは

マコーミックが売り物にしているスパイス&ハーブとシーズニングについて確認しときましょう。

両者の定義の違いはこのようになります↓

  • スパイス&ハーブ:香辛料。香味料。薬味。
  • シーズニング:スパイス&ハーブと調味料をブレンドしたもの。

まあシーズニングはスパイスの一種とも言えますかね。スパイス市場の1/4くらいの規模になるそうです。

さて、スパイスと聞くとカレーのスパイスみたいに刺激物をイメージしがちですが、それだけではありません。ほとんどあらゆる料理に使われているものです。

(出典:『スパイスから世界が見える』)

スパイスは世界中で生産されています。スパイスの多くは熱帯性気候地域で育つものだからです。

日本やヨーロッパではコショーやシナモン、クローブといった有名なシナモンは収穫することが出来ないので、輸入に頼っています。

(出典:『スパイスから世界が見える』)

スパイスの役割は以下の5つです。

  • 香り付け、臭み消し:シナモンなどを料理にふりかけて香り付けて風味を増し、食欲促進効果があります。また、コショーは古くから肉の臭い消し&防腐剤として重宝され、持ち運びやすいことから高値で取引されたと言われています。
  • 辛味:唐辛子やコショー、わさびなどは辛味をつけてアクセントを生みます。発汗効果もあります。
  • 色付け:ターメリックやパプリカなど、料理の彩りを飾ります。
  • 砂糖、塩の代わりの味付け:コショーはもちろん、シナモンやジンジャーも。
  • 様々な健康作用:防腐抗菌、抗酸化作用や整腸効果、消化吸収補助効果があるといわれています。風邪薬にも使われます。クローブ、ターメリック、ナツメグなど。

後ほど見ますが、健康志向や手軽な味付けとして欧米では順調に市場を拡大していて、これからも有望な市場と考えられています。

優良企業を買収して成長を継続

マコーミックに限らないですが、食品業界はM&Aが活発に行われています。

食品といっても調味料は味以上にブランドが重要な面もあり、自社のポートフォリオ拡充は一から製品開発するよりM&Aのほうが効率的なのです。

現時点だと、買収はマコーミックの売上の1/3を占めるみたいですね。

また、海外売上比率は約1/3程度ですが、これからグローバル展開を強化することを謳っています。成長の原動力はデジタルマーケティングとM&Aです。

(出典:マコーミック)

例えば12年には、特にこれから伸ばしていきたい中国で高いシェアを持つ、武漢亜太調味食品を買収しました(1.4億ドル)。

17年にはマスタードソース、レッドホットソースで有名な、レキットベンキーザー・グループの食品事業を42億ドルで買収するという大型M&Aも敢行し、シーズニング・調味料分野への進出を強化しています。

競合

スパイス市場においてはライバル不在の圧倒的一強です。

まあ見ての通りです。赤がマコーミックで、水色がマコーミックの次に大きなブランドです。5~6倍くらい差がありまして、ライバルはむしろ価格安で追い上げるプライベートブランドでしょうか。

(出典:マコーミックIR)

北米市場はもちろんのこと、イギリス、フランスといった欧州でも高シェアという点が好印象ですね。これだけ高いシェアがあると小売店側もスペースを確保せざるを得ません。

しかも、売上トップ10の食品メーカーと、トップ10うち9のレストランチェーンと提携・販売しているので、まさにどこへ行ってもマコーミックのスパイスや調味料が置いてあるのです。

(出典:マコーミックIR)

IRを読むと、ブランドマーケティングに投じる費用を過去5年で35%増加させ、17年以降さらに増やしていくとあります。デジタルマーケティング強化も進み、土台は盤石でしょう。

市場

世界的には成長市場で、2021年までに40.3億ドルまで成長する見込みです。

(出典:technavio)

健康志向でスパイスの健康効果が注目されていますし、食の手軽さ志向で調味料とミックスさせたシーズニング需要が増加していくというのは自然な方向性だと思います。

日本市場について

一方、日本の家庭でスパイスを保有しているのは50%未満で、30%はスパイス自体使ったこともないというデータがあります。

日本では一般的ではないのですが、米国のスーパー小売ではスパイスやシーズニングのコーナーが設けられているそうです(本当?)。実際、一人あたり使用量でも米国とは5倍差、イギリスやフランスとは6~7倍差があります。

そういった要因を反映して、スパイスの市場規模は米国だけで1200億円以上と言われているのに対し、日本はせいぜい100億円程度。

日本のスパイス市場はエスピー食品とハウス食品の独擅場ですが、ことスパイスに限って言えば、日本に市場としての魅力は小さいのかもしれません。

リスク要素

食品セクターの中でもリスクが群を抜いて低い会社だと思っています。

プライベートブランドとの競争

ドイツのアルディを代表として、プライベートブランドが市場でじわりじわりとプレゼンスを高めています。

しかし、以下アマゾンがホールフーズを買収したときの記事で書きましたが、高いブランド力はプライベートブランドに対して強い耐性を有しています。

アマゾン(Amazon)がホールフーズ(Whole Foods Market)買収!! 米国小売株の今後について詳細考察
また1万字超えたから気合で読んでね(*´∀`*) アマゾン(Amazon:AMZN)がホールフーズ(WFM)を買収するというビッグニュ...

実際、米国のプライベートブランド比率はまだ20%程度しかありません。

理由の一つとしては、広告マーケティングによってナショナルブランド(メーカー製品)の人気が非常に高いことでしょう。

米国にはそれだけ強力なブランドがあり、多くの消費者がPBをNBより下に見ているという推測が立っています。馴染んでいないんですね。

健康志向、時間がない社会、食生活の重視

上で見た通りですが、この辺りの社会的な変化は全てマコーミックの追い風になっていると思います。

スパイス・ハーブは健康への効果が高く、近年注目度を増してきています。

共働きが増えて料理をする時間がない人が増えた中、味のマンネリを避けておいしい料理を手軽に作るという意味で、スパイスや調味料が果たす役割は大きくなります。

マコーミック(MKC)の財務分析

PL

業績は安定ながらきれいに右肩上がりに推移しています。食品業界は成熟した産業ですから、毎年成果を上げているのは素晴らしいことです。

2009年に少しだけ凹んでいますが、それでもリーマンショック影響は見えないくらい小さいです。

生活必需品において高いブランドと独占力が価格競争を回避し、安定した経営を続けている証左でしょう。

営業利益率も14%前後をキープし、ROEは20%を常に超えている状態です。これほど安定している会社は中々ありません。

グロスマージンも40%を超えています。

BS

やや固定負債が多く、自己資本比率が徐々に下がってはいるものの、普通に安全水準だと思います。

CF

キャッシュフローは伸びているんですね。投資CFは大きくないので、FCFはかなり余裕があります。

総じて、優秀すぎる財務諸表で文句のつけようがありません。

株主還元指標

マコーミックは31年連続増配銘柄でもあります。

株高も反映して利回りで見ると小さめですが、配当性向はまだ50%以下で余力がありますし、マコーミックのブランドはこれからも優位に立ち続けると思われますので、すぐに40年50年と連続増配が伸びることが期待出来ます。

直近配当利回り:1.73%

マコーミック(MKC)のチャート分析

とりあえずリアルタイムチャートのリンク置いておきます。

マコーミック(MKC)-Yahoo!ファイナンス

過去の最高値、最安値

リーマンショック後からずっと右肩上がりです。リーマンショック前まで30ドル以下だったのに、そこから全く止まる気配なく100ドル到達しました。

  • 最高値:107.84ドル(2016年7月)
  • 最安値(リーマンショック後):28.08ドル(2009年5月)

1つ目のラインがリーマンショック前高値の42ドル付近、2つ目が13~15年の75ドル付近ですね。

100ドルは超えてしまったので、今は抵抗帯も大きな節目はないような状態でしょうか。

今後の値動き予測

5年チャート

長い目で見れば踊り場だったのですが、13~15年途中まで停滞していた75ドルを突破して以降、100ドルまで一直線に進みました。

かなりトレンドラインに忠実に沿って動いていますね。

1年チャート

直近1年はそれほど動きがありません。100ドルを超えて次どこへ行こうかという曖昧な動きが見えます。

マコーミック(MKC)の投資戦略

まとめときます。

  • スパイスで世界トップシェアを有していて、第二ブランド以下と圧倒的な差がある。
  • 健康志向や食のおいしさと手軽さの両立といった社会変化があり、スパイス市場は成長市場。
  • 買収が売上の1/3を占め、グローバル展開や調味料分野への進出を強化している。
  • 財務諸表は文句なし。配当余力も十分で、おそらくいずれは50年連続増配銘柄になるのでは。
  • 株価は100ドル突破して高値圏でウロウロ、利回りは低くなっている。

回答

素晴らしい事業コアを持っていて、落ちてきたら買いたいなーと思って調べていました。

2位以下がいない独占ビジネスなのですが、一応プライベートブランドとの競合については押さえておきたいところです。

私も多くの日本家庭と同じくスパイスについては特に知らなかったので、これからちょっと意識してみようと思いました。

料理を作る時にスパイスをバランスよく使うコツだそうです↓

(出典:COOKSMARTS)


これまで調査してきた米国株の個別銘柄記事リストをまとめました! 企業名クリックで各詳細記事に飛ぶことが出来ます。

企業名
(リンク先は分析記事)
ティッカー業種区分主力事業、ブランド
アマゾンAMZNITネット小売、クラウド
アルファベット/グーグルGOOGLIT広告(検索)、AI
アップルAAPLITiphone
マイクロソフトMSFTITOS、Office365
フェイスブックFBIT広告(SNS)
IBMIBMITクラウド、AI
インテルINTCIT半導体(PC、サーバ)
クアルコムQCOMIT半導体(モバイル)
エヌビディアNVDAIT半導体(GPU)
オラクルORCLITソフトウェア(DB)
シスコCSCOITネットワーク機器
アリババ・グループBABAITタオバオ、Tmall、アリペイ
ビザV金融決済インフラ
マスターカードMA金融決済インフラ
アメリカン・エキスプレスAXP金融決済インフラ
スタンダード&プアーズSPGI金融格付け機関
ムーディーズMCO金融格付け機関
ウェルズ・ファーゴWFC金融商業銀行
JPモルガン・チェースJPM金融商業銀行、投資銀行
バークシャー・ハサウェイBRK.B金融バークシャー
AT&T T通信モバイル通信
ベライゾン・コミュニケーションズVZ通信モバイル通信
ネットフリックスNFLX通信動画配信サービス
ウォルト・ディズニーDIS通信ディズニー、ESPN
ジョンソン・エンド・ジョンソンJNJヘルスケア医薬品(ステラーラ)、バンドエイド他
メドトロニックMDTヘルスケア医療機器(ペースメーカー他)
アボット・ラボラトリーズABT/ABBVヘルスケア栄養補助食品、医薬品(ヒュミラ他)
ブリストル・マイヤーズ・スクイブBMYヘルスケア医薬品(オプジーボ他)
ファイザーPFEヘルスケア医薬品(プレブナー、リリカ他)
メルクMRKヘルスケア医薬品(キイトルーダ他)
ギリアド・サイエンシズGILDヘルスケア医薬品(ハーボニー他)
CVS ヘルスCVSヘルスケア薬局、PBM
ユナイテッド・ヘルスUNHヘルスケア医療保険、PBM
P&GPG生活必需品ビューティー(パンテーン、SK-II)他
ユニリーバUL生活必需品パーソナルケア(Dove、LUX)
コルゲート・パーモリーブCL生活必需品オーラルケア(歯磨き)
コカ・コーラKO生活必需品コカ・コーラ
ペプシコPEP生活必需品ペプシ・コーラ
ゼネラル・ミルズGIS生活必需品ハーゲンダッツ
クラフト・ハインツKHC生活必需品チーズ、ケチャップ
マコーミックMKC生活必需品スパイス
ホーメルフーズHRL生活必需品SPAM
マクドナルドMCD生活必需品マクドナルド
スターバックスSBUX生活必需品スターバックス(スタバ)
ウォルマート・ストアーズWMT生活必需品大型店舗小売
コストコ・ホールセールCOST生活必需品会員制小売
ホーム・デポHD生活必需品DIY小売
フィリップ・モリスPM生活必需品たばこ(マルボロ)
アルトリア・グループMO生活必需品たばこ(マルボロ)
レイノルズ・アメリカンRAI/BTI生活必需品たばこ
アンハイザー・ブッシュ・インベブBUD生活必需品バドワイザー
ナイキNKE生活必需品スニーカー(ナイキ・エア)
ギャップGPS生活必需品GAP、オールドネイビー
エクソン・モービルXOMエネルギー石油メジャー
シェブロンCVXエネルギー石油メジャー
ロイヤル・ダッチ・シェルRDS.Bエネルギー石油メジャー
ボーイングBA資本財B787ドリームライナー
ロッキード・マーティンLMT資本財ステルス戦闘機F-35
ユナイテッド・テクノロジーズUTX資本財航空機エンジン、エレベーター
キャタピラーCAT資本財建設機械(油圧ショベル他)
ゼネラル・エレクトリックGE資本財照明、航空機エンジン
スリーエムMMM素材ポストイット
デューク・エナジーDUK公共電力、ガス

コメント

  1. minoQ より:

    いつも楽しくブログ読ませていただいています。
    マコーミックは製造業での長寿企業なので、心配することなく長期保有できる銘柄だと思います。
    製造業に限れば、S&P500の中で50位以内に入るくらいの長寿企業のはず。
    スパイスといったら香り、香りといったらInternational Flavors & Fragrances(IFF)。
    こちらも同様な理由でお気に入りです。

    • wanami より:

      minoQ様

      コメントありがとうございます!

      > 製造業に限れば、S&P500の中で50位以内に入るくらいの長寿企業のはず。

      そうだったのですね!
      マコーミックは業界での地位もダントツで安定していて長期保有に良さそうだと思いました。

      > スパイスといったら香り、香りといったらInternational Flavors & Fragrances(IFF)。

      知らなかったので今度調べてみます!
      ありがとうございます。

      料理には正直詳しくないのですが、スパイスは味の9割を決めると聞いたことがあります。調味や風味を整えるので当たり前かもしれませんが。
      そう考えると、特にレストランなどで急に味が変わると困るので、スパイスや香りのトップブランドは安泰なのかもと思いました。

▲TOP

▲TOP