10倍株(テンバガー)の特徴をまとめておく

いつもシェアありがとうございます。シェアボタンはこちらです。

10倍株(テンバガー)は投資家なら誰もが狙いたいと思う銘柄です。まあ狙って当たるもんじゃないですが笑、特徴をまとめてみました。

スポンサーリンク

まずは過去のテンバガーを並べてみる

約10倍になったという株の数はそれぞれこんな感じです。

  • 2016年:13銘柄
  • 2015年:20銘柄
  • 2014年:10銘柄

日本の上場企業は3500社くらいなので、絶好調の年でも0.3%というほぼ不可能に近いヒット率だと認識してください。

ちなみに、5年間持ち続けて(途中で10倍になったものをこぼしていますが)達成した10倍株は46株でした。確率は大きく変わらないでしょう。

2017年のテンバガー

スクリーニングが難しくて、今日時点で年初来安値からの上昇率でランク付けしてみます。

名称コード市場年初来安値から上昇率テーマ
ペッパーフードサービス3053東111.38飲食店
アイケイ2722JQ10.22化粧品
共和工業所5971JQ7.76低位株
大興電子通信8023東26.56低位株
五洋インテックス7519JQ5.81低位株
ASJ2351東マ5.79低位株
サイバーステップ3810東25.65ゲーム
夢展望3185東マ5.34RIZAP
グレイステクノロジー6541東マ4.46低位株
リミックスポイント3825東24.38ビットコイン
中村超硬6166東マ4.29電池
RIZAPグループ2928札幌4.15RIZAP

うーん、見事に低位株にしか分類できないものばっかりだったぞ。

インテリア専門商社に、建設機械用ボルトの会社、ただの弱小IT会社に機械マニュアルを作ってる会社。テーマにかすりもしない銘柄が並びました。

ライザップがテーマ株化していたので、その関連株が上位にいるのと、賑わっていた仮想通貨関連株と電池関連株がちらほら見かけました。

もしかすると、調査に設定している期間が悪いせいかもしれません。ただ、ある日急に暴騰するケースが目立ってますね。

2016年のテンバガー

銘柄コード時価総額成長率年初来安値年初来高値値上がり(倍)テーマ
ブランジスタ617634.911301585014.03ゲーム
雑貨屋ブルドッグ19.6低位株
さくらインターネット377815.626521107.96フィンテック
ドーン230314.848843808.98ドローン
アキュセラ・インク13.5バイオ
平田機工625813.2138286306.24有機EL
MRT603411.759257809.76ヘルスケア
ジースリー364710.8322066.44低位株
アスコット326410.6125132010.56不動産
タツモ626610.433013884.21有機EL
ジグソー39149.83765239206.35IoT
イグニス36899.62058126806.16ゲーム
グリーンペプタイド9.5バイオ

16年は個人的にはテーマ株の年だったかなと思っています。

さくらインターネットを中心としたフィンテック、そーせいグループを中心としたバイオの吹き上がりが異常で、全話題を掻っ攫っていた記憶があります。

2015年のテンバガー

書くのが面倒になったので参考サイト貼っておきます。

参考2015年の10倍株「テンバガー」20銘柄

ぱっと見た限り、15年はスマホゲームの年でしたね。ガーラ、アクロディア、アクセルマークなど、スマホゲームやらない私でも会社名に記憶があります。

次に多いのが自動運転系。確かこの頃からZMP上場関連株って噂になってましたっけ。

14年は画像処理が目立ってますね。この年もテーマより低位株寄りだったかもしれません。

参考2014年のテンバガー

より長期のテンバガー

テンバガーの中の一握りは、さらに上昇して投資家に多額のキャピタルゲインを還元しました。今や日本有数の会社ばかりです。

(出典:会社四季報)

過去の上昇率上位で見れば、ファーストリテイリングは1998年の安値から現在まで持っていると約235倍に膨れ上がっています。

同じように、ヤフーは144倍、ニトリが92倍、ゼンショーは60倍でした。

5年間に絞ると、リミックスポイントが強力でした。

(出典:株の窓口)

かつてはガンホー・オンライン・エンターテイメントが20円→1633円と80倍を達成したり、そーせいグループが91円→26180円と287倍を達成したりしました。

セクター、テーマ分け

上の46種類をセクターで分けてみましょう。

会社名テーマ小区分
リミックスポイントIT仮想通貨
ディップ人材人材
マルマエ電機有機EL
ディー・ディー・エスITセキュリティ
日本ライフラインヘルスケア医療機器
夢の街創造委員会ITサービス
平田機工電機有機EL
ミクシィITゲーム
フューチャーベンチャーキャピタル金融VC
ローツェ電機半導体
ペッパーフードサービス飲食飲食
アドテックプラズマテクノロジー製造その他
アイサンテクノロジーIT自動運転
福井コンピュータITソフトウェア
シノケングループ不動産不動産
インフォマートITフィンテック
内外テックITIoT
アウトソーシング人材人材
サイバーステップITゲーム
ベクトルITサービス
タツモ電機有機EL
クリエイト・レストランツ飲食飲食
ベンチャーリヴァイタライズ金融VC
ガンホー・オンライン・エンターテイメントITゲーム
アルバック電機有機EL
トリケミカル研究所電機半導体
パピレスIT電子書籍
モルフォIT画像処理
ベネフィット・ワン人材サービス
イー・ガーディアンITAI
テクマトリックスITセキュリティ
日本エスコン不動産不動産
ディア・ライフ人材人材
山一電機電機電機
薬王堂小売薬局
シーティーエスITサービス
Nutsサービスコンテンツ
アドバンテッジリスクマネジメント人材サービス
FPG金融金融
エスプール人材サービス
リンクアンドモチベーション人材サービス
Lifull不動産サービス
ブイ・テクノロジー製造電池
日本M&Aセンター金融VC
アスカネット製造ディスプレイ
アルデプロ不動産不動産

全部ググって適当にそれらしいテーマに分けただけなので、私の分け方が悪いかもしれません。

  • IT:16
  • 人材:7
  • 不動産:4
  • 金融:4

ちょっと前絶好調だったゲームやバイオが消えちゃってますね。5年前と現在というスポット比較なので仕方ないところですが。逆に有機ELと人材が強い。

過去はIT、不動産、バイオの三強で、人材派遣やベンチャーキャピタルも入ってきます。

参考過去の10倍株(テンバガー)一覧と業界分析

テンバガーになる銘柄の特徴

時価総額300億円以下

時価総額が小さいというのは最重要ピースで、ほぼ例外がありません。基本的には300億円以下、理想としては150億円以下が望ましいようです。

時価総額10億円→100億円になるのと、100億円→1000億円になるのとでは難易度が桁違いですからね。

500円以下の低位株

チャートで見ると低迷している時期が長く、ある日突然吹き上がるケースが多いように見えます。特に今年?

まあ、正確にはある日突然というのが以下の3パターンに分かれます。

  • 仕手筋による仕掛けである場合
  • 業績の上方修正等で好感を受けて出来高が増加していった場合
  • テーマ株として人気化した場合

低位株というのは、上昇余地が大きいという意味で

上場して10年以内、設立間もない若い会社

ITが多いせいもありますが、若い社長、若い会社がほとんどです。

やっぱり勢いが必要で、創立100年を超える会社よりも出来て10年以内の若い会社、創業社長=オーナーの会社が多くなります。

業績が急成長している(特に売上)

全部ではないのですが、低位株が注目を集める一つに好決算があります。

以前記事にしたハイプ・サイクルと事業ライフサイクルの②売上拡大重視時期に当たります。とにかくシェアを取らないとならない時期に、利益を追求する余裕はないので、売上の伸びほど利益やキャッシュはついてきていないケースが多いです。

事業ライフサイクルとハイプ・サイクルから、投資戦略について考える
ちょっと理論的な話をしたいと思います。 ハイプ・サイクル ハイプ・サイクルとは ハイプ・サイクルって聞いたことありますか? こんなやつ...

逆に、ITテーマ株やバイオセクターは典型的な①の期待先行フェーズで、こっちは売上ゼロだろうが構わないと思っている人が大半なのです。

ここを混同しないようにしましょう。

テーマセクターに属する

人気化しないことにはテンバガーになりません。人気化する上で、日本には3500もの銘柄が上場しているわけですから、大半の人は知らないという壁があります。

テーマ株というのは、二匹目のドジョウを狙ってどんどん人気化するカタリストなので、是非ともテーマ株として人気化するシナリオを描ける銘柄を選びましょう。

実際、先ほど見たように、過去のテンバガーはクター(テーマ)に明らかに偏りが見られます。

最近でもテーマ株投資は有効な手法だと思っていて、次のテーマに属する銘柄を仕込んでひたすら待つのがいいかもしれません。

テンバガー銘柄が落ちるのは早い

テンバガーを運良く掴んだとして、どこまで持っておくべきなのでしょうか。

先ほどのハイプ・サイクル①で急騰した株や仕手筋に使われた銘柄は資金の逃げも早いので、あまり長期で保有出来るものではありません。

テーマ株でも中心銘柄以外は10倍行かないので、無理せず切り上げる方がいいでしょうね。

(出典:Yahoo!ファイナンス)

②の売上拡大で業績がついてくるようになると、もう少し様子見しても良いのかもしれません。

(出典:Yahoo!ファイナンス)


この条件を元に次のテンバガー候補を書いてくのは、また今度にします。

▲TOP

▲TOP