サラリーマン投資家は”複業”が盛んなので

市況解説、投資小ネタ

私がこのブログをはじめたのが16年2月ですが、同時期くらいに株ブログはじめた方が結構います。ブームだったんだと思います。

光栄にも何人かとは直接お会いさせていただいたりもしました。

米国株ブロガーのオフ会に行ってきたよ!

最近皆さんのブログを覗いてみると、投資以外のビジネスに手を広げている人が多い印象です。私もですね。

そもそもブロガーなのでアフィリエイト収入がありますから、“第三の収入源”確保に向けて取り組んでいるといったほうが適切でしょうか。

まったくもって良いことだと思うのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

副業超えて複業が当たり前

当たり前ですが収入は多いに越したことはなく、かつ収入源も多いに越したことはないです。

しかしながら、日本の就労人口のうち約85%はサラリーマンで、かつ約85%は収入源が給料一本しかありません。悲しい。

参考労働力調査(詳細集計) 平成30年(2018年)4~6月期平均(速報)結果

参考副業している人の割合は?収入は?実態を知ろう

ついでに一本足打法の給料自体は右肩下がりでしたね。

(出典:年収ラボ)

もう副業:サイドビジネスをスタートすることは必須事項なのです。

当ブログにわざわざいらっしゃった方なら、耳にタコが出来るくらい聞いた話だと思います。起業とか投資本の常套文句だからこれ。

まず投資収益を第二の収入源にする

投資を副業とは呼ばないかもしれませんが、資産運用は真っ先にはじめるべきです。誰でも第二の収入源を得ることが出来ますからね。

投資のやり方とか考え方はブログ内に大量の記事がありますので、読んでいただければ。スタート用の記事はこちらです。

時間ないけど株式投資をはじめたい初心者の方を、全力で後押しする記事です。

投資において損をしないことはありえませんが、そのへんは覚悟した上でやりましょう。

自分の勤労時間と関係なくチャリンチャリン入って来るので、忙しくても続けられるメリットがあります。

+もう一つ

本来の資産運用は毎日目を皿のようにしてニュースをチェックしなくても良いし、そんな何度も取引しません。

一通り勉強して指針が決まったら気長に続けるしかないので、次に行ってよいと思います。

第三の収入源ですね。

例えば私は投資が好きなので、このブログを書いてそこからも収入を得ています。

ものづくりが好きならネットで販売しても良いし、得意なことで講師登録してみるのも面白いと思います。

大体全部やってみた私がオススメする、独立を目指す人がやるべき副業まとめ

好きなことで稼ぐ時代ですねえ(*´∀`*)

 

他の方を見ていると、不動産や太陽光みたいな実物資産の投資事業へ進出していたり、本業を活かしたコンサル活動をしていたり、バイタリティがすごいなあと。

みんなを見習って自分も頑張りたいですね。

将来構想としてはプロフィールの通り、収入源を10くらいに増やしたいところです。

プロフィール

何が何でも1位を取るよりも、3~5番手を複数狙ったほうがコスパも良い。というようなことを前につぶやいた気がした。

100人に1人が3つあれば100万人に1人って言うじゃないですか。サラリーマンは安定しているので、そんな感じでちょいちょい面白そうなことに手を出していければいいのかなと。

生きるために必要なお金を得るまで頑張る

とはいえ、ただでさえ会社の仕事で疲れている中、死ぬほど副業に精を出す必要もないと思います。

すぐ結果を求めすぎなのかな。2~3年で成果を出すことを目標にコツコツやっていれば、ほっといても結果ついてきますよ。

それぞれ生活するのに最低限必要なお金水準がありますから、そこまでは頑張る。あとは自分の時間とバランス見てどこまでやるか決めれば良いでしょう。


ということで、クリエイティブ活動系をそろそろちゃんと換金していきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市況解説、投資小ネタ
フォローする

関連記事



このブログは和波の運営する雑記ブログです。
記事の質問やお仕事の相談など、お問い合わせフォームにてお気軽にご連絡ください。
和波の投資生活ブログ@米国株・ETF&テーマ株投資