【IPO投資】AI CROSS(4476)が当たったので初値売り(+71,000)

取引履歴

余ったお金でIPO投資をやっています。

とりあえず毎回抽選には突っ込んでおくのですが、今日上場のAI CROSS(4476)が100株当たっていました。

目次(クリックで飛びます)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

AI CROSSのビジネス

AICROSSは名前の通りAIをウリにしている企業で、法人向けSMS送受信サービスと、ビジネスチャットボットの2つがメインとなります。

チャットなどのログ情報を分析して自動学習するところがポイントだそうです。15年創業から4年で上場まで行っているので、かなり時流に乗っているデジタル企業ですね。

IPO投資のリターン

AI CROSSは公募価格1090円で取得して初値1800円で売ったので、差し引き71,000円の儲け。

上昇率65%とはいえ、AI銘柄なのでもうちょい行ってほしかったですが笑

まあ当たっただけ儲けものでしょう。

今年は勝率が悪いなんて話も耳にしますが、IPO投資は間違いなく優位な投資法です。

不景気な時期でも期待値がプラス、事前評価が高いものに絞ればほぼプラスと過去データが言っています。

IPOって本当に割のいい投資なの? 当選率、期待値、法則性をじっくり調査してみた

特に17年、18年の成績は非常に好調で、勝率8割を超えています。19年度も見た限り投資法人以外はほぼプラスのような……。

リックソフト、サーバーワークスは50万、100万円超えですごい収益ですね。

選び方

とにかく人気の出やすい銘柄を選ぶだけで損益トントン~勝ちは拾えます。だいたい以下3点に当てはまっています。

  • 売り出し枚数が少ない
  • デジタルっぽいビジネスをやってる(AIとか5Gとか)
  • 景気が良いときのほうが結果も良い

ということで、AI CROSSは売出し枚数が若干多かったのと、市況が若干悪くなったのとで思ったほど伸びなかった感じでした。


関連記事です。

IPO投資のやり方詳しくはこちらご参考。私もチマチマやってます。

IPOって本当に割のいい投資なの? 当選率、期待値、法則性をじっくり調査してみた

 

アメリカではUber、Liftというライドシェア2強が相次いで上場しました。時価総額1000億ドル規模はまあ日本ではないですね。LINE、メルカリを遥かに超えるインパクトです。

UberがNYSEに上場申請――超巨大IPOが実現か

 

IPOで公募価格以下の場合はどうだったかという記事です。ハズレが多いのであまり狙いたくないところ。

IPOで仮条件の上限以下の公募価格だった場合

 

ではでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
取引履歴
フォローする

関連記事



このブログは和波の運営する雑記ブログです。
記事の質問やお仕事の相談など、お問い合わせフォームにてお気軽にご連絡ください。
和波の投資生活ブログ@米国株・ETF&テーマ株投資