よく考えたら1989年に投資スタートしてもプラスってすごくね?

市況解説、投資小ネタ

先日の記事ですが、最後に出てきたグラフはある種希望を抱かせるものだと思いました。

日経平均株価の最高値38,915円って、もう2度と超えられないの?

(出典:大和総研)

あれだけ低パフォーマンスと言われ、現にバブル絶頂期の半分程度しか株価は回復していない日本株でも、今やトータルリターンでは1.5倍になったのですから。

やっぱ、「とりあえず投資をはじめよう」ということです。やらない理由を探すよりはずっと前向きですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あなたが信じるべきデータ

ブログでもいろんなデータ出してますが、自分としてはこのデータを信じておけばいいのかなって思います。

過去200年、株のリターンは平均して6.7%程度あったということです。この間に世界恐慌もブラックマンデーも、リーマンショックもすべて含みます。

(出典:ジェレミー・シーゲル)

あるいはこれですね。日本だと4.5%くらいの利回りになっています。債券は実質リターンマイナス。

(出典:ジェレミー・シーゲル)

もし株式リターンがマイナスになるなら資本主義も終わってます。

それが2045年(シンギュラリティ)くらいのことであれば、たぶん仕事も要らずお金も使わない社会になっていると思うので、気にしないでいいと思ってます。

AIが何やっても人に圧勝してるから明るい未来しかない

期待リターンは保守的に見積もる

将来の期待リターンは少しコンサバに見積もって4~5%程度としても、十分な収益になります。

株の期待リターンは4~5%くらいで見といたほうがいいと思う

5%だと13年で2倍になる計算です。実際には右上がりではないので、もう少し時間がかかりますが。

(出典:さわかみファンド)

今回は1989年~2017年の27年で1.5倍ですから、(全額一回で投入したと仮定した雑な計算で)だいたい年利回り1.5%程度です。流石に低いですね……。

まあ銀行に寝かせていても年0.03%程度にしかならないので、これでもやらないより遥かにマシなのですが。

さっさと仕組みを作ろう

ちなみに株を保有しているという人は日本人全体の13%しかおらず、これ従業員持株制度を含めないともっと下がると思われます。

(出典:日本証券業協会)

老後の不安だとか年金問題に頭を悩ませる前に、自分でさっさと「お金がお金を稼いでくる仕組み」を作ってしまうことをおすすめします。

実際、お金持ちほど投資をして、貧乏人ほど浪費をしています。

(出典:日本証券業協会)

こんなの不都合な真実でもなんでもなく、全員に必須教育として広めていくべきことだと思うのですが、

こういうことを言うと必ず

  • 投資はリスクが高い! ギャンブルだからやらないほうがいい!
  • 汗水垂らして働いた金だから意味がある! あぶく銭は残らない!

というマネーリテラシーの欠片もない労働至上主義者ちょっとお節介な人たちにクレームを入れられるので、いつの間にか知る人ぞ知る秘匿された事実ということになっています。

日本ではお金の話がタブーなのです。

このブログに来たあなたは秘密を知った1割になったわけですので、この機会を逃さず投資をはじめていきましょう。

時間ないけど株式投資をはじめたい初心者の方を、全力で後押しする記事です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
市況解説、投資小ネタ
フォローする

関連記事



このブログは和波の運営する雑記ブログです。
記事の質問やお仕事の相談など、お問い合わせフォームにてお気軽にご連絡ください。
和波の投資生活ブログ@米国株・ETF&テーマ株投資