自動運転車関連銘柄(日本株8選プラスアルファ)

いつもシェアありがとうございます。シェアボタンはこちらです。

では、今度は自動運転車の関連銘柄を探していきましょう。前回までの記事はこちらからどうぞ。

3分で分かる、自動運転車の現在
ここまで結構な数のテーマを見てきましたが、実はまだひとつ大きなテーマについての考察が欠けています。 自動運転車です(下の動画は日産の自...
3分で分かる、自動運転車の未来
では引き続き自動運転車について見ていきましょう。前回はこちらからどうぞ。 自動運転車の創る未来像 自動運転車は多くの社会問題を一...

割りとセンサーデバイス系は下の記事と被る内容も多くなります。

センサー、計測機器関連銘柄(日本株13選)
AR/VR、IoT、ロボット、自動運転車などいくつかのIT系テーマを見てきて分かる通り、その発展の背景にはセンサー(センシングデバイス)の進...

また、どちらかと言うと時価総額の小さい大化け株探しをしているので(ビジネス領域としてはまだ先)、トヨタとか日産といった大手はここには載せていません。米国株も別にします。

※実際のところ、自動運転関連という意味では、デンソー(6902)、アイシン精機(7259)、カルソニックカンセイ(7248)などの大手自部品メーカーが中核……らしい。

……とやってしまうと、案外ないんですけどね。結局AIとビッグデータの頭脳を押さえてるGoogleが利益取って、自動車メーカーが箱作ってってなりそうなんですよね~。日本で言えばZMPに関連した銘柄も強そうではありますが。

スポンサーリンク

自動運転車関連銘柄

クラリオン(6796)

クラリオン(6796)-Yahoo!ファイナンス

日立傘下でカーエレクトロニクス事業を展開。

クラリオンはGoogleと契約締結した自動運転関連銘柄として有名です。契約内容はGoogleが提供するGoogle 音声検索、Google Placesの機能の活用に関するもので、Googleと提携して自動運転のクラウドサービス「Smart Access」を展開することが期待されています。

車載カメラのアラウンドビューモニター(自動車を俯瞰するカメラ)も持っていますので、会社全部が自動運転車の事業に向いているという材料も嬉しい。現時点での決算も悪くはないです。

ITS分野の自動運転関連銘柄

ITS(Intelligent Transport Systems):高度道路交通システム

ITSとは、最先端の情報通信技術を用いて人と道路と車両とを情報でネットワークすることにより、交通事故、渋滞などといった道路交通問題の解決を目的に構築する新しい交通システムです。

出典:国土交通省道路局HPより

アイサンテクノロジー(4667)

アイサンテクノロジー(4667)-Yahoo!ファイナンス

アイサンテクノロジーはITSの筆頭銘柄でありますが、どちらかと言うと自動運転車の筆頭銘柄としたほうがいいかもしれません。ZMP関連銘柄でもあります。

移動式高精度3次元システム「MMS」、地図情報の収集・提供、名古屋大学・ZMPと共同での公道実証実験の開始……などなど。

ベリサーブ(3724)

ベリザーブ(3724)-Yahoo!ファイナンス

ITSの筆頭銘柄がベリサーブです。道路交通システムやカーナビなどのITS関連機器の実証実験を行っているからですね。

日本無線(6751)

日本無線(6751)-Yahoo!ファイナンス

「道路情報システム」が交通情報をリアルタイムで提供します。

ZMP関連銘柄

特に、ZMP(現時点非上場)の関連銘柄を以下にまとめました。

ずっと上場するする言ってたZMPは、ついに12月19日に上場するっぽいです。是非IPO抽選に通りたいところ。

JVCケンウッド(6632)

JVCケンウッド(6632)-Yahoo!ファイナンス

本来は音響機器メーカーですが、ZMP関連銘柄筆頭でもあります。ZMPへの出資、及びZMPと合弁会社「カートモ」を設立しているためですね。

カートモが何をやっている会社なのかと言うと、「車載データをリアルタイムで集め、自動車の状態と運転者の行動をネット上に蓄積するプラットフォームを運営している」ようですね。要はビッグデータです。

そしてセンサー(カメラ)領域においても、デンソーのレーザーセンサーを利用した監視カメラシステム技術を有しています。他の多くの製品にある赤外線センサー方式よりも高精度かつ広範囲であり、一括管理されたシステムでカメラに映る障害物を検知して避けることが出来るようになります。

こうして見ると、ZMP関連銘柄ということと同じくらいに、自動運転車に関連するコア技術・製品ラインナップを保有している会社という印象が強いですね。ZMP関連銘柄の中でも一番手に名が上がる理由が分かります。

株式会社テクノスジャパン(3666)

ZMPと共同でビッグデータ解析事業を展開します。

ディー・エヌ・エー(2432)

ZMPと合併で、世界初の自動運転タクシー事業を行う、「ロボットタクシー」社を設立しました。

その他、ZMPに出資しているらしい企業

上場すれば大きな利益が転がり込んで来るであろう企業ということになります。信憑性はそこそこ?

  • ソニー(6758)
  • JVCケンウッド(6632)
  • フューチャーベンチャーキャピタル(8462)
  • コマツ(6301)
  • マクニカ・富士エレホールディングス(3132)
  • アートスパークホールディングス(3663)

ちなみに出資はしていないけど合弁会社等を設立して共同事業やっている企業はこちら。

  • ハーツユナイテッドグループ(3676):合弁会社
  • ネクスグループ(6634):自動車テレマティクスのマーケティング
  • 日本電計(9908):ZMP製品の販売契約を締結
  • アートスパークホールディングス(3663):車載データの受信機
  • アイサンテクノロジー(4667):実証実験

地図情報系の自動運転車関連銘柄

自動運転車は3Dマップの出来が左右すると言っても過言ではありません。

ドーン(2303)

ドーン(2303)-Yahoo!ファイナンス

ドーンといえばドローン銘柄のイメージですが、自動運転車でも期待されているみたいです。

完全NET対応型の新世代GISミドルウェア「ジオベース」の他、クラウド型GISサービスとなる「まちかど地図Pro」も。位置情報の技術も開発しているようです。

その他こちら↓

  • パイオニア(6773):カーナビ大手はもちろん地図に強い。計測機器の開発も含めて自動運転車事業にも注力。
  • OKI(6703):自動運転車の位置情報補完(センサー系かな?)。
  • 株式会社パスコ(9232):自動運転用の高精度地図モデルを開発中。内閣府から受託した自動運転プロジェクトの試験にも参画とのこと。

その他の自動運転車関連銘柄

主にセンサー銘柄系

前に以下の記事で取り上げたものが多く、簡単にだけまとめます。

センサー、計測機器関連銘柄(日本株13選)
AR/VR、IoT、ロボット、自動運転車などいくつかのIT系テーマを見てきて分かる通り、その発展の背景にはセンサー(センシングデバイス)の進...
  • 北陸電気工業(6989):小型3軸加速度センサー(MEMS3軸加速度センサー)の量産化を世界で初めて実現した企業。横滑り防止システムなどに使われ、自動運転車にも不可欠と思われます。
  • 日本セラミック株式会社(6929):赤外線センサー(自動車・家電向け)で国内9割、世界6割のシェアを誇る企業。良い銘柄だと思います。
  • 堀場製作所(6856):エンジン排ガス測定で世界シェア8割。自動運転車でどうこうというわけではないかもしれませんが、関連性は高いでしょう。
  • ルネサスエレクトロニクス(6723):世界トップクラスのシェアを誇るフラッシュマイコンが軸。自動運転車にも利用出来るよう自動車向けの製品群を持っていますが、財政が非常に気になるところ。
  • ザインエレクトロニクス株式会社(6769):センサー関連記事からは抜けていましたが、自動運転の画像認識技術開発を進めているようです。

その他の銘柄

その他は以下にまとめました。

  • ジグソー株式会社(3914):自動運転車としては画像認識技術ですのでセンサー関連ですが、まあここでいいしょうか。
  • 株式会社セック(3741):これも何度も出てきている銘柄ですね。自動運転技術のソフトウェア研究を進めています。
  • 図研エルミック株式会社(4770):自動運転のミドルウェア開発。ミドルウェアは大事なんでその他扱いでいいのかってのはありますけどね。

数が多くて結構雑な説明も多い……。文字量が多いのがおすすめ銘柄ということで一つ。

そうそう、米国株はどうしたという話ですが、プラットフォームになり得るグーグルやアップル、あるいはそれらにGPUを提供するエヌビディアについては個別に記事を起こしています。テスラは待っててね。

グーグル、アルファベットの銘柄分析(GOOGL、Google、Alphabet)
時価総額一位のグーグルについて、事業、ファンダメンタル分析、チャート分析をやってみましょう。一発目のこいつを元にして次から同じように分析記事...
【米国株】アップル(Apple:AAPL)の銘柄分析
今回はアップルについて事業、ファンダメンタル分析、チャート分析をやってみましょう。iphoneやipod、ipadやMacbookと革新的な...
【米国株】エヌビディア(NVIDIA:NVDA)の銘柄分析
今回はエヌビディア(NVIDIA:NVDA)のファンダメンタル、チャート分析をやっていきたいと思います。 半導体業界のライバルとしてイ...

米国の有望株は上場前にFANGが掻っ攫ってしまうので、中々市場に出てきてくれません。

▲TOP

▲TOP