CLIP STUDIO(クリスタ)で漫画描いてみる(コマ割り、ペン入れ、ベタ、トーン貼り途中)

いつもシェアありがとうございます。シェアボタンはこちらです。

前回に引き続き、CLIP STUDIO PAINTで漫画を描いてみます。

CLIP STUDIO(クリスタ)で漫画描いてみる(用紙設定、下描き、吹き出し)
CLIP STUDIO PAINTを購入したので、せっかくだから漫画に挑戦してみよう! ……ということで、手探りで頑張って描いてみまし...

このあたりから非効率なやり方が目立ってきますが、徐々に慣れるよう頑張ります。

スポンサーリンク
レクタングル大

コマ割り

左にあるツール一覧からコマ枠を選択してドラッグ&ドロップします。大枠描いてから分割する方法もありますが、今回は単純2コマだけなので必要ありません。

koma

こんな感じ?コマの周りを引っ張れば拡大縮小も簡単にできます(操作のオブジェクトで各図形が自由に動かせるようになるみたいですね)。

henn

ペン入れ、ベタ(試し)

なぞって清書していくだけです。私はただのGペンで描きましたが、カスタムペンとか使って綺麗な線を描いてもいい感じかもしれません。まあそれ以前にガチャガチャしてきったない線になりましたね。ま、いっか。

betamae

ちょっと古臭い絵に見えるので、あとで目を修正しましょう。目で全ての印象が決まりますので。

人物画、上半身のみ、一人だけと簡単な絵なので苦労なく描けましたが、複雑な場合はパーツごとにレイヤー分けてペン入れしたほうが良いみたいです。

そんな漢字で全部ペン入れして、ちょっと髪をベタで塗ってみました。他レイヤー参照で塗りつぶした後、白色のGペンで光の反射を描いています。

pen

トーン貼り

一番楽しいトーン貼りのお時間。範囲選択してドラッグ&ドロップするだけです。他レイヤー参照は下描きレイヤーを参照しないので注意。

tonetone2

tton

こんな感じ?

とりあえずおおまかに置いていきます。塗り残しの埋め、トーンの濃度調整、トーン削りはあとでやります。

手を抜こうと背景までトーンで済ませようとしたらこうなりました。ちゃんと線が繋がってないと上手く選択範囲を決められないので、ペン入れしっかりやりましょう(クリスタは少しくらい線が切れていても読み取ってくれるみたいです)。

miss

キャラが薄っぺらいので陰も少しだけつけちゃいました。髪が黒々しすぎてますかね。

あとはだんだんとレイヤーが増えてきたのでフォルダにまとめた方がいいかもです。

kezuri

疲れたので今日はここまでです。

スポンサーリンク
レクタングル大

▲TOP

▲TOP